気温や湿度が高いと、冷房をつけるのは当たり前になっていますね。
また、近年の暑さは異常ともいわれているので、熱中症にならないためにも冷房は必須です。
しかし体は快適になるとしても、体の中では冷房によるダメージが起こります。
夏になると足のむくみがひどくなる場合は、冷房のせいで悪化している可能性があります。
冷房が足むくみを悪化させるケースや対処法を正しく把握して、夏のむくみを防ぎましょう。

冷房のせいで足むくみが起こるのはクーラー病とも言われています。
と言っても本当の病気ではなく、冷房によって体が冷えることで発症する健康障害のことを表しています。
クーラー病がもっとも発症しやすのは職場です。
オフィスや販売店などは、夏になると室内温度をかなり低く設定します。
買い物や営業などで一時的に冷房の効いた室内にいるのは快適ですが、長時間となると体はどんどん冷えていきます。
その影響を受けるのが血行です。
体温が正常であれば、血管の収縮もきちんと行われるので血液も普通に流れます。
しかし、皮膚が冷たくなるとその影響で筋肉も固くなるため、血管の収縮が滞り、結果的に血行も悪くなります。
血行が悪くなればデトックス機能も低下するので、特に影響を受けやすい下半身はむくんでしまうのです。
仕事で冷房が効いているところに長時間いると、最初は快適でもお昼ぐらいから体が冷えるというケースは珍しくありません。
家であれば自分で温度調節ができますが、仕事場では勝手に温度をいじれないので、足むくみがどんどん悪化するのです。

こういったケースの対処法としては、体を冷やさないようにするのが一番です。
デスクワークであればひざ掛けを使ったり、カーディガンを着用するなどして冷えから体を守りましょう。
立ち仕事の場合は、タイツやパンツを履いて肌が冷房に直接触れないようにするのがベストです。
制服の規則でタイツなどを履けない場合は、足首を回したりふくらはぎをストレッチしたりしてするといいですね。
こまめに足を動かすことで、血液の流れが促されるので冷えによる血行不良を緩和できます。
どうしても冷房による冷えを回避できない場合は、毎日続けられる適度な運動を行ってください。
簡単な運動でも、毎日続けるとふくらはぎの筋肉が鍛えられます。

筋肉がつくと血液を押し流す力が強くなるので、冷房による足むくみの悪化を防ぐのに効果的です。
また、適度な運動は代謝を活性化するので、血液やリンパの流れにも働きかけてくれます。
体を温めることは体温調節機能の正常化にもつながりますから、冷やさない対策をしっかり実践しましょう。