軽度から中程度のむくみであれば、セルフケアで解消することができます。
しかし、むくみがひどく痛みも伴う場合は、セルフケアだけでは改善が難しいかもしれません。
重度のむくみであれば、整体や整骨院などでプロの施術を受けておくのがおすすめです。
むくみをリセット、もしくは軽減しておけばセルフケアで改善できるようになります。
ここでは、整体や整骨院の足むくみ治療の特徴を解説していきます。

整体や整骨院での足むくみ治療では、腰椎や骨盤にアプローチするというのが特徴です。
むくみの解消のための治療で、なぜ腰周りなのか疑問に思う方もいるでしょう。
ですが、マッサージやストレッチなどでもむくみが解消できない場合は、腰椎や骨盤の歪みが原因になっている可能性が高いのです。
下半身と連動している腰回りが歪んでいると、下肢神経が刺激されます。
するとふくらはぎが緊張したままになってしまい、固くなることで血流やリンパの流れが阻害されるのです。
また、上半身と下半身をつなぐ腰回りに歪みがあれば、下半身から送られる血液も流れが止まってしまいます。
このような状態でマッサージやストレッチをしても、循環が改善されません。
そのためむくみが慢性化してしまうのです。

整体や整骨院では、体の状態に合わせて歪みを矯正していきます。
治療法は手わざによる骨盤矯正や背骨矯正、機械を使った矯正など各医院によって違います。
しかし、どのような治療法であっても歪みを正すので、即効性があるのも特徴といえるでしょう。
ただし体の歪みが生活習慣にある場合は、矯正しても一時的な効果しかありません。
根本から歪みを改善するには通う必要があります。
ですが、定期的に通っていれば歪みもどんどん改善されます。
最終的には歪みが取れるので、しっかり通うことが足むくみ治療を成功させるポイントです。

医院によっては歪みを取る治療だけではなく、歪みを作らないためのストレッチやトレーニングの方法も指導してくれます。
また、電気治療を組み合わせているところありますから、むくみに多角的にアプローチしていけます。
自己流でもストレッチはできますが、間違ったやり方だと関節などを痛めてしまう事があります。
治療と併せて正しいストレッチやトレーニングを継続すれば、歪みが取れるのも早くなるので、重度のむくみでも効率よく解消できるでしょう。

ちなみに、整体や整骨院は重度のむくみじゃないと治療が受けられないというわけではありません。
中程度であっても、早めに対処することで重症化を防げるので、気になる方は一度受診してみるといいでしょう。