足は重力の影響を受けやすいので、むくみが起こるのは異常なことではありません。
血行不良が原因で起こるむくみは一時的なものですから、マッサージをしたり運動や入浴で老廃物を排出すれば改善されます。
しかし、何をしてもむくみが改善されない場合は気をつけなくてはいけません。
足のむくみが病気のサインになっているかもしれないので、注意したいむくみついて見ていきましょう。

特に体に不調はないけれど、慢性的に異常なほどむくんだり、血管が浮き出ているという場合は要注意です。
このような症状が出ている場合は、下肢静脈瘤や心不全の可能性があります。
下肢静脈瘤は、血液の逆流を防ぐ働きをしている足の弁に障害が起こる病気です。
弁に障害が起こると血液がスムーズに流れなくなるため、むくみが慢性化してしまいます。
心不全は、血液を送り出す心臓の機能が低下した状態です。
足は心臓から遠いので、血液を送り出す力が弱まると、下半身の血流が悪くなります。
これが血行不良を引き起こし、足がむくむ症状が現れるのです。
心不全は動脈硬化や心筋梗塞の症状ですから、むくみ以外で動悸や息切れの症状なども見られる場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

もし、足のむくみに加えてまぶたや顔、指などもむくむという方は肝臓や腎臓の病気の可能性があります。
むくみは、血中の浸透圧のコントロールが乱れることで発症します。
浸透圧というのは、血管に水分を取り込んだり、不要な水分を押し出す圧力です。
このコントロールが狂ってしまうと、不要な水分の排出がスムーズに行われません。
そのため水分を蓄えてしまいむくみが発症するのですが、このコントロールに関わっている物質の一つにアルブミンというものがあります。
アルブミンは肝臓で合成されて腎臓で濾過され、血液に乗って全身をめぐりながら浸透圧を調整します。
つまり肝臓や腎臓に障害があると、アルブミンの合成が不足するのです。
アルブミン不足によるむくみは、足だけではなく体のいたるところに発症しますから、むくみがひどい場合は早めに検査をしましょう。

むくみやすい方は、むくむのが当たり前になってしまうので症状だけで病気を見分けるのは難しいかもしれません。
ですが、ケアをしてもなかなか解消できない、すっきりしないというむくみは病気の可能性が高いです。
むくみぐらいで病院に行くのは大げさと思うかもしれませんが、病気は早期発見が大事ですから、気になる場合は念のため病院で診てもらうのが正解です。