履くだけでむくみの予防や解消できると人気なのが、着圧式のストッキングや靴下です。
むくみはマッサージや入浴などで解消できるものの、疲れているときはむくみ対策よりも早く休みたいという方も多いでしょう。
ストッキングや靴下であれば、どんな疲れていても手軽にむくみを解消してくれます。
こういったアイテムはいろいろな種類があり、シチュエーションによって使い分けることでさらに効果がアップします。
その反面、間違った使い方をするとトラブルになるリスクもあるので、正しい使い方をマスターしましょう。

足むくみ対策用のストッキングや靴下は、大きく分けると外出時に履くものと就寝時など家で履くものの2種類があります。
軽度のむくみであれば、外出時用のものは使わなくても大丈夫です。
家にいるときに履く習慣をつけておけば、毎日手軽にむくみを解消できます。
中度から重度のむくみの症状が出る方、もしくは立ちっぱなしで足がむくみやすい環境の方は外出時用のものを使いましょう。
最近は黒いロングの靴下タイプもあるので、オフィスの制服などにも合わせやすいです。
スーツなどを着る場合はストッキングを活用するといいですね。

徹底的にむくみ対策をしたい、という方は日中も就寝時も履きたいかもしれません。
しかし、1日中着用するのはお勧めしません。
確かにずっと履いていれば足のむくみを防げますが、着圧状態が続くと下半身から上半身に血液を送る機能が衰えてしまいます。
循環をサポートするのは悪いことではないものの、それに頼りっぱなしというのは危険です。
ですので、使用するのは日中か就寝中かどちらかにしておきましょう。

ストッキングや靴下を使う上で、もう一つ気を付けたいのが圧です。
こういったアイテムの圧は、mmHg(ミリエイチジー)やhPa(ヘクトパスカル)で設定されています。
これらの数値が大きいほど圧力も強くなります。
むくみがひどい方からすると、圧が強い方が効果が高く感じますし、実際に履いていても気持ちがいいかもしれません。
ですが、圧の強さとむくみ解消効果は比例していません。
締め付けがきついせいで逆に循環が悪くなることもありますし、むくみ以外のトラブルが起こるリスクもあります。
一般的に、日中に使用する場合は30mmHgまで、就寝時に使用する場合は20mmHg以下となっているので参考にしてください。

ストッキングや靴下は、正しい使い方をすれば毎日のむくみケアに効果を発揮してくれます。
最近は見た目もかわいいデザインが増えているので、ぜひ取り入れてみてください。